« 便所でアグア!!の利点!? シャコガイ編 | トップページ | サンゴを造型する part1 »

2011年10月 5日 (水)

水作でタコ飼育

Tako

「もし海水趣味が本当に手軽にできるならタコを飼ってみたい」

という言葉がきっかけでゼブラオクトパスを飼い始めたのが11年5月吉日。

100aae3f7868c3451fdb475dfa8db28370e C04bf23877f5b16633c0103b471d8a1176d 念願のタコとの生活。ホントはメジロタコが飼いたかったんだけどこれも縁。お世話になっているショップに居たゼブラをまわりに大プッシュされ、飼育開始。

結果的にはゼブラオクトパスでよかったと思う。

餌にはイソスジエビを数匹入れておくだけで腹が減ったら勝手に食べてくれる。

あと良くわからないけどどこかでタコ飼育にはバナジウムが重要という文献を見た気がするので人口海水用に用意していたのはバナジウム高配合のミネラルウォーター。

特に他に書くこともないほどシンプルに飼育できていたのでタコの飼育が難しいと云われる事があまり理解できてない。

蓋も用意してたけどゼブラオクトパスは外に出る事もなかったし。

8月頭頃からあまり外に出てこなくなり、様子を伺うと胴鬢(俗に言うあたまの部分)が破れてかなり弱っている。

飼育自体が初めてなのであまりの衝撃に右往左往した挙句、結局海に還すことに決定。

水槽内で最後を迎えたらトイレに流すことになるのでそれなら餌として食物連鎖の本分を全うして欲しい。この出会いでいろいろ学べた事に感謝して。

「お前をこれから海に還しに行くから」と伝えてビニール袋を用意して水槽の前に戻るとタコの前足(手?)が水槽からコチラに出てる。

涙の握手をしてビニール袋をあてがうとゼブラが自らビニール袋に入った!?

はじめてタコと双方向のコミニュケーションが成立した瞬間。飼い主として誇りに思う。

でもその後はビニール袋にべったり張り付いた蛸を剥がすのに困った困った;;

弱ってても力は強い。ビニール袋はキチンと持って帰らないといけないしね。

その日の夕刻に誠意という名を冠した海水魚店に行っていろいろ話を聞いたら試薬に反応しない亜硝酸などもあるらしくコイツが原因ではないか、と。

蛸の飼育の難しい点ってココなんでしょうねきっと。

« 便所でアグア!!の利点!? シャコガイ編 | トップページ | サンゴを造型する part1 »

36cm水槽(水作コンセプトM)」カテゴリの記事

コメント

海に還すとかあまりにもやることおかしいでしょ。
普通に考えたら水槽換えてでも最後まで飼うべきだろ。
ソレができねーなら最初から飼うんじゃねーよハゲ!!
お前なんかアクアリストの風上にもおけねーよ!!

生態系の問題で、海に返してはいけないと思う。

はじめての海水魚飼育でしたが自分が甘かったです。
例えばカミツキガメやヘビなどを弱ったからといって自然に帰すというのは否ですよね。
2号にキツく云われて理解できました。
生態系を崩すことになる・・・確かにそうですね。

はじめてのペット。タコの頭が破れて瀕死になった時、動転して誰に相談してもその対処方法がわからず
困り果てた結果海に還してしまいました。
海水生物を飼うという事で自然の素晴らしさ奥深さを知りました。

ゼブラオクトパスを検索したらたどり着き、記事を拝見しました。

あなたのような人は生き物を飼うべきではないと思いますよ。放流行為は生態系を崩す原因になります。かわいそうだから、よわったからなどと理由をつけて放すなら初めから飼わなければいいこと。
自然の素晴らしさなんて綺麗な言葉を出してもあなたがしたことは取り返しも付きませんし、美化もされませんよ。心からあなたが2度と生き物を飼わないことを願っています。

こういう人が放流して問題起こすんだなぁ。
最近はペットショップの袋にも書いてありますよね。「私を捨てないで 最後まで可愛がって」って。
タコ飼育気になって調べてこんな胸糞悪ブログにたどりつくとは思いませんでした。
要するに捨てたんですよね?
知識云々という話ではなくあなたの飼育者としての価値観がおかしいです。

こんなに無責任で胸くそ悪いblogにたどり着くとは思いませんでした。私は数種のタコやその他生き物を育してます。皆元気に生きてます!!調子を崩したときも対処できるように日頃から気を付けていますし勉強もしてます!!無責任なあなたにはどんな生き物(犬、猫含めて)も勝手ほしくありません!!
てか、こんなblogとっとと消すべきです。自分の無責任さと無知っぷりをアピールしても意味はないですからね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 便所でアグア!!の利点!? シャコガイ編 | トップページ | サンゴを造型する part1 »