« オオバナ、魂の座 | トップページ | 4匹目の適格者 »

2011年11月10日 (木)

ウッドダイバー

設置6が月以上経つが未だにウッドストーンを交換していない。まだ健全な泡を出しているように見える・・。
Dsc01950
以前書いたようにスキマーっていうよりバブルストッパー。バブルストッパーって云うより潮ダレ防止のオゾンミキサーって性格性能だと思う。便所設置だから排水は水洗の水タンクに入るように排水チューブを廻してる。
出戻りアクアリストにはマメスキマーのスマートさは強烈だった。しかしながらベルリンエアリフトの性能はウッドストーンの中では秀逸。見た目の性能で小型水槽にはベルリンエアリフトが適してるように思えるが、設置時のカップがネックに思えるからマメの良さを少しパクってベルリンに付けた(笑。
ベルリンは簡易ストック水槽からスキマーメンテ時用とか数多く購入していた。余程-処分に困ってたのか色んなツールボックスから湧いてデルように出て来る(笑。
マメのようにカップが水槽の上に来ないだけでかなりスッキリする。カップのカッティングだけでこれぐらいスッキリするのなら小型水槽にはカップなしの製品を検討してもいいと思う。この方が「光」の邪魔をしない。水槽隅々まで楽しめる。OFの3重管より細く、引っかけタイプの給排水よりコンパクト。
エアーポンプのアデックスMAXで通常で水面から10cmは泡柱が上がってる。それでもオゾンの影響かあまりヨゴレが付かない。付く時は白いクリーム状のヨゴレが上部に付く1ヶ月以上は透明なまま。
それにしてもウッドストーンが問題。レッドシー製の3個入りを購入したのが5月・・・。今は11月・・。泡見ても大きくなってるようには見えない。でも、タマには点検してみよう(汗。
Dsc03198
ウッドってフクロから取り出しそのまま装着すると1ヶ月も保たない事も多々ある。それでフツーだと思う。
しかし、キレイに板張りの紙ヤスリ#180→#240→#320→#400で仕上げると・・・相当に長寿なウッドストーンになる。
写真のようにエッジも落とした方が保ちも良いようだ。
コレ、サンダーの頃から焼き印ロゴをまるまる剥ぐぐらいペーパーかけた方が長持ちする。
更にセコく最後の最後まで使う為、少々メンテを行なった。
Dsc03202
メンテっといってもスパチュラナイフでウッドの劣化ゴケ!?を削りとるだけ。しかし、このボリュウム・・・よ〜エア出てたなっと思う。
半年も水中に潜りエアを供給してくれたのだからコレ位もっとコマメにメンテするべきだな・・・。
このペースなら1年で2個ペース。当たり外れはあるだろうから1年で3個かな?

Dsc02989
Dsc02991
Dsc02992
Dsc03003
Dsc03006
Dsc03007
昨日といい、旧タイプのエアリフトスキマーって余程気に入ってのかストックパーツがわんさかある。コレ利用してベルリンエアリフトを水流が出るタイプに改良してみた。スキマー下部のパーツに余ったアクリルパイプを差し込みトリプルパスの構造はそのまま生かしてある。本体は上部のパーツ3個をテナックスで溶着-性能的にはベルリンエアリフト90適応水量300Lってなトコ??
実際にはバケツ、中~大型プラケースなど応急処置用として用意しておこうと造った。その方が散らからないシ(笑。
Dsc03009
Dsc03010
Dsc03011
パイプの接合部分など精度が求められ過ぎるので延ばしランナーをパテ替わりにして溶着した。
延ばしランナー・・・プラモデルの透明パーツのランナーを熱で延ばし、丸いものにグルグル巻きにするとプラ製のスプリングが出来上がるのでソレを巻き付けテナックスで溶解-接着。

Dsc03229
Dsc03231
完成。下部のドーナツ状のフタはCDケースをくり抜き接着。材質は似たようなもんだしネ。すべてその場で目検合わせで造ってるのでキチャナイ・・・。まぁ、使いこめば傷だらけ、ヨゴレだらけになると予想される器機なんでこんなモンでいいだろう(汗!!

Dsc03235
Dsc03237
とりあえずどんな容器でもワンタッチで取り付けられるようエーハイムのポンプハンガーでセット出来る。このハンガーも持て余してる人もきっと多いだろうな・・・。
ザッと1時間もかからないうちに出来た。コレ使う日が来るのかどうかわからんが放置してても仕方ないし、ゴミとして捨てるには忍びない。ポンプとエアストーンだけではエアを嫌がる生体もいることだし、コレとエアポンプとウッドストーンあればしばらくは保つだろう。整理ついでに何か事故に備えておくのもいいかなっと思った。

次回予告
四人目の適格者

« オオバナ、魂の座 | トップページ | 4匹目の適格者 »

60cm規格水槽(エアリフト厚砂底面濾過)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオバナ、魂の座 | トップページ | 4匹目の適格者 »