« ○●、侵入 | トップページ | ウッドダイバー »

2011年11月 9日 (水)

オオバナ、魂の座

Dsc03019
Dsc03022
2cmに満たなかった爪サイズ?なクマドリもプランクトン(ヨコエビ)→アミエビ→ゴマハゼ→モエビ・イソハゼまで食すまでになってきた。
この60cm水槽はあくまでクマドリカエルアンコウの飼育前提であった。だが、こんなになった。。。(笑
ファウナマリンのクラムとミンを説明書通りの朝晩給餌してたせいか最近、また一回り大きくなったヒレジャコガイ。LRを取り除きレイアウト変更を余儀なくされた。調子にノッテLPSグローカラーも毎日給餌してしまってたが、コレって週2だったのネ。。。スマン,オオバナ、ハナガタ、他LPSたち!!
3ヶ月を経過したLPSたち。オオバナ(ブレインだけどネ)は久しぶりに行った真夜中まで開いてる店で買ったモノ(大阪でPM11:00マデという営業時間はありがたい)。サンゴ水槽のメタハラの光りバシバシ当る上部に配置されてた。たぶん、ココならこの光に馴してるんだろうな・・・っとお持ち帰ったモノ。久しぶりすぎて勉強してもらったのかな?¥5000位でオマケまで貰った。アリガトウ。ん、ブランクで最近のモノの価格が高いのか安いのかわからん。昔、オレンジフェイスとかアラビアンなどバタフライ凝ってた時ってこの手のダメになりかけてたサンゴ(LPS)を安〜〜買ってたから余計わからん。
そう、LPSは15年以上のブランクがある・・・でも、これほど楽しめると価値タップリあるネ。
それにしてもヒレジャコが居る環境でいつまでも砂地はマズいだろうっと、オオバナなどの座を造った。まだまだ色抜けの心配もあるし記録しておこう。

飲みかけのペットボトルをカットして・・・
Dsc03214
う〜ん、、フツーでつまらないから・・・
Dsc02701
Dsc03127
Dsc03130
Dsc03132
ややショゲてるオオバナの径を計り、またまたアクアな余り物からレッドシーのベルリンエアリフトのパーツを使用。下部の一体整形パーツを切っただけ。それに穴開けて。2つの座が出来る。厚みもあり、しっかりしたスタンドが出来上がった。この手のサンゴって裏面の色で健康状態を測ってた!?っと憶えてる(確信ナシ)んで縮んだ時にオオバナの底が見えるので健康状態がわかる。


このオオバナ全体的に色がバランスよく散っててマルチって言葉がよく似合う。パープル、ピンク、レッド、オレンジ、イエロー、キミドリ、ライトブルー・・・ンっ!!無理矢理だが激アツなレインボー。
Dsc03161
Dsc03133

グローカラーを無理矢理喰わされ続けたLPSだち・・・スマン。
Dsc03205
Dsc03209
最近というかこの10年ー、老眼が非常にキツくて小さな文字が見えなかった。初期のカーリーも見つけれないから1号がキビシイ目で探してくれてる。最近はウミケムシ探しにハマってるみたいだ(笑。
おそらく次はヒラムシ探しにハマる事だろう(笑。しかしながら、名前がウミケムシ1号とかヒラムシ1号ってのは余りに品がない。カーリーだと何かカワユイ。水槽では最も嫌だけどネ。

しかし給餌は日に2度と週に2度は大きく違うぞ。下品なデザインになってもソコだけ太くとか赤とかの文字にはならんかな・・・。元デザイナーの立場から見て・・・パッケージにそんな事はしないな。
やっぱ。ちゃんと見ない方が悪い(汗!!
もひとつ云うと細かい字で情報量~説明文を入れる方が精密感、ちゃんと考えた感が出てデザイン的に良い。
文字選択ひとつとっても、若い時にクライアントをねじ伏せてデザインを優先してきた事を考え直す事が多くなってきて反省している・・今日この頃。。。う〜〜〜ム。
大体、LPSに餌ってあげてなかったもんな〜

次回予告

ウッドダイバー


« ○●、侵入 | トップページ | ウッドダイバー »

60cm規格水槽(エアリフト厚砂底面濾過)_」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、初めまして
大きさの加減を知らないシャコと、小さなクマドリのフォトに感動しました。思わず書き込み
こういう大事に大切に作られている水槽大好きです。拝見して幸せな気分になりました

おおっ。mochocoさんコメントありがとうございます。

画一的になりやすい60規格水槽のレイアウトとしてシャコガイをドーンっと配置したかったんです。

このまま、シャコガイとクマドリだけはここから移動することなく飼い続けたいと思っています。

最近はLRも取り除き、よりシンプルな構図になり、メンテもし易くなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ○●、侵入 | トップページ | ウッドダイバー »