« 活き餌 | トップページ | 水槽の有害生物#1 »

2012年8月31日 (金)

活きた海水の交換

安定し始めた頃より、ORP:400を下回り始める前に海水交換している。
大体、1〜2週間に1/3から2/3は交換しているが、小さな水槽だからこそ出来る事だと思う。
テトラの簡易テスターで
NO3:0mg/l、NO2:0mg/l、CA:500mg/l、KH:10°、PH:8.2をナントカキープ。
Dsc07040以前大きな水槽廻している時など、部屋壁面が天然海水のボックスで埋まった事もあった。。。やっぱ天然海水は送られてスグ使う「活きたタイプ」の方が好き。
台風前に換えときたかったので1WEEKで交換した。
シュリンプさんトコの活きた天然海水。
ココありきでの水槽システムであり、その為の小型水槽計画でもある・・・
設備はチープでも海水だけ贅沢にしようと思ったのも、水換えの大変さとストックスペースがないという理由から(笑。

数年前ー、天然海水は通販各社イロイロ使ってみたケド、換えた直後の晩に観るキラキラ、チラチラ光るのはシュリンプさんとこだけだったので、この趣味に出戻る時に前提として決めていた。他が悪かった印象もないがこのキラキラだけが味わいたかった様に思える。

Dsc07042 しかし、、、調子よくいつもの通り、便所の利点を活かし
さっと1/2水を抜き、砂が舞い上がらない様、シャコガイの真上に新鮮な海水を注入していたら、、、イロイザリが慌てて猛烈な勢いで泳ぎ、水面ダイブ後、狭い場所に隠れ出した。。。
これはヤバイ。
具合悪い時というか逝く前って狭いトコに隠れるように入って行くのはこれまでの経験上ー、ヤバイ。
何か硫化水素の溜まりがあって、ソレを吸ったのか!?とも思える慌てぶりだった。
画像のように2-3月の個体では想像し難い程、順調にデカクなってるのに・・・少し心配。
まったく経験ない事で、天然海水の場合、シビアな温度合わせはしなくてもイイっと聞いていたが、微細なプランクトンも大事にしたいから出来るだけ合わせていたつもりだが、ウ〜ム。。。。
Dsc0703420cmの方へ急遽いれたバブルディスク。
ひとつだけ喰っ付いていたキノコをむしり取り、60cmへチャポン。
LRをヒックリ返して凸凹部分にバブルをそれぞれ置いた。
まとめ買いで一個¥1500-、安い!! 
追加してLRを埋め尽くそうかな・・・
やっぱ1種だけの飼育ってお気軽でいい。
これぐらいの量のバブルを60cmに入れていても、異種格闘技戦が始まってしまう。以前、スコリミアがやられた。
小さいがディスクというより小さなイソギンチャクの感覚。

ンっ、クマドリは!?
刺激が強いせいか排水パイプの水面側に逃亡スマン。

Dsc07035 Dsc07037

« 活き餌 | トップページ | 水槽の有害生物#1 »

20,20,60cm水槽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 活き餌 | トップページ | 水槽の有害生物#1 »