« モナコとエアリフト底面濾過 | トップページ | 海底大戦争!?クルマダイとフエヤッコ »

2012年8月18日 (土)

×★×ゴメンナサイの生き物たち

アクアリウム再開してモチベーションを高めてくれた生き物たちを並べてみた。もちろん写真を撮ってない生き物もいるから忘れないよう記録しておこう。

Dsc00769


Dsc01320_2


Dsc01006_2


Dsc01150

オレンジのクマドリカエルアンコウ。
未だにオレンジのクマドリってコレしか見た事ない。オレンジとピンクと赤ってスゴイ暖色系組み合わせを見れば見る程残念に思う。
もともとはブラックボディにオレンジスポットが入ったやつで、クマドリの中では安価なタイプだった。このブラック×オレンジスポットすべてがこのようなカラーに変わるとは思えない、
購入時は2cm弱だったがアミエビとゴマハゼにより5ヶ月で5-6cmになった。
原因:白点


Dsc09995_2

ハリセンボン1~2cm。
見ると買ってしまう。実際、海で何度も成魚を見てるのに・・・ボクがガマンしても誰かが見ると買っている・・・。以前にも飼っていたがこの魚の馴れ方って異常。ペット感覚な魚ー魚には思えなくなってくる・・・。原因:立ち上げの犠牲・・・白点

Dsc00572_2


Dsc01938_2

サザナミフグ1~2cm。
購入時はマジで1cmの為、フグ?の表記だった。購入後2週間で水槽よりデカクなるフグと判明。
水作エイトスキマーの立ち上げ水槽に入れたが飛び出し自殺。この後、フタをした。


Dsc00979

オコゼ1~2cm。
購入時1cm。ハタ?オコゼ?の表記だった。完全に見なくなった。成長速かった為、底モノの深夜の飛び出し自殺だと思われる。


Dsc01120_2


Dsc00546

クルマダイ3~4cm。
目が大きく、口もデカイから餌をバンバン食べる。が、人工餌に切り返せなく、天然の生き餌を中心にしていた為、台風続きのシーズンで活き餌が入らなくなり虚弱体質になり、白点に陥った。
リフジウムという概念よりプランクトンを長生きさせるタンクを造るキッカケになった。


Dsc02523


Dsc02712_2

キクメイシ。
スコリミアに攻撃を受け、ハゲハゲに・・・

Dsc04862_2

レッド×グリーンのオオタバ。
水が合わなかったのかスグに色抜け。次第に消滅。


Dsc04524

スコリミア(オレンジ×パープル)
購入時、オレンジ×グレイだった。このグレイがクセもので元々パープルだったと思われる・・・。
つまり、既に色抜けが始まっていた・・・。次第にオレンジも色抜け・・・次第に消滅。


Dsc03617

オオバナ。
どうも合わなかった。というよりスコリミアが強過ぎたのもある。


Dsc01205_2

バブルディスク(各種)。
たぶん、10枚以上、、どこかへ消えた。。。
こんな変な場所に置いたのは飛ばされるから。

Dsc03015_2


Dsc03065


マダコ&ヒョウモンダコ
油断した時に脱走する。
ヒョウモンは不注意の酸欠で☆になった。
タコはとても飼い易くペットとしてもいい。
餌のやりとりが非常に楽しい。
メンテ性などでも水作エイト、スポンジフィルターなどエアリフトが向いていると思った。

Dsc00346

番外:バジェットカエル
20cm水槽の隣に置いた15cm水槽にいたヤツ。
購入時は尻尾も付いていたオタマジャクシだったが3日でこのようなカタチになった。
このサイズから人間のような四角い歯が生えて来る・・・
スタッフがマウスをガンガン食べさせてネコサイズに挑戦するも、♂と判明したため無駄な努力となった。

っと、わずか15ヶ月でこれほど落としてしまってゴメンナサイ。
しかし、多くのLPSは1ヶ月も保っていない・・・今、飼育中のLPSは何の問題もなく、むしろ骨出たB品で購入した生体もあるからして、ナンチャッテ水合わせが原因かもしれない。
プランクトン以外、何も買い足す予定はないが大掃除の時は気をつけよう。

« モナコとエアリフト底面濾過 | トップページ | 海底大戦争!?クルマダイとフエヤッコ »

20,20,60cm水槽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モナコとエアリフト底面濾過 | トップページ | 海底大戦争!?クルマダイとフエヤッコ »