« ×★×ゴメンナサイの生き物たち | トップページ | 活き餌 »

2012年8月29日 (水)

海底大戦争!?クルマダイとフエヤッコ

美しい原子力潜水艦スティングレイが登場する海底大戦争のメカデザインは50年前のモノとは思えないホド洗練されていると思う。
この当時、原子力潜水艦シーヴュー号といい、アカ抜けたフォルムはジツに流麗ー。
日本でも海底軍艦にサブマリン707、青の6号っといった海底で悪と闘う事が多かった60年代ー。
それら時代の産物だった多くのプラモデルが全国の池、川底、沿岸部には埋まっていると思われる・・・。

ボクは当時、スティングレイよりも敵(半魚人族)の潜水艦が好きだった。
まんま魚のカタチなのだ。考えれば最も理にかなっていると思う。
敵艦の名前はメカニカルフィッシュ。
魚屋でよく見る-目が飛び出して並んでるキントキダイのような・・・
昨年、便所水槽でDsc00986 飼育したクルマダイも、このメカニカルフィッシュが好きだったから。
水槽で小さなクルマダイが泳ぎ回るシーンは時を超え、プラモで遊んでいた子供の頃の記憶へ繋がっていく・・・
(ソロソロ、クルマダイ幼魚入荷シーズン?)

数年前、e-bayオークションで緑商会のメカニカルフィッシュが出品され、世界にはこの魚!?のファンがこんなに多かったのかっと驚いた。と、同時に自分ではもう買えないアイテムだという事を知った(泣。
コンスピ、ブラバンレヴェルではない・・・最新海水水槽システム1本分だった記憶がある。

数年前にコナミからジェリー・アンダーソンの一連食玩シリーズでこのメカニカルフィッシュも販売され、狂喜された方も多かったと思うが、もっと大きい模型が欲しい。。。

こいつの魅力は観てわかり易い機能美に、鋳造肌の頭骨に付けられた眼球レドームに
ボディ後半にかけての蛇腹のような厳つさがイイ!!

今風に云うなら原子力だけど、スチームパンクテイストってトコかな?

で、そんなテイストが大好きな人が創ったと思われる潜水艦模型登場!!

フィッチェテンフーの魚潜水艦(¥8000-)
Fichtenfoofishsub101









Fichtenfoofishsub00_2 これ、この通り、コノ手の深場系キントキダイというかクルマダイがイメージソース。

個人的に飼ってみたい魚はオキナワクルマダイ。鬼のように美しい・・・
だが、このような私的趣味にバッチリ合った模型がアメリカから出て来るなんて・・・
シビレた以上に心からアツくなりました。

Fichtenfoofishsub10_2 原型段階の1コマ。
コクピットです。1/35スケール。
幼き頃のメカニカルフィッシュにはなかった・・・
想像通りの創造性にウットリ。







Dsc06177 豪華版はインストもクラシックな羊皮紙に鑞止め。
エッチングパーツには1/35のファイアーコーラル、ヤギ、各種魚が付いてきます。






ジツは小学生の頃、フエヤッコが飼いたくて飼いたくて海水魚飼育チャレンジのきっかけでした。あの独特な形状と色彩は強烈な印象です。
あのワイキキアクアリウムのメイン水槽に泳いでいるオオフエヤッコはデルビーク氏が入社した時に入れたものだと教えてくれました。つまり・・・20数年、ンッ今なら30年!?水槽で生きているチョウチョウウオという事になります。
しかし、チョウチョウウオの動きって素早いですよね。普通、バック出来ないと思うのですが、チョウの種類だけは素早くバックしますよね。

で、そんなマニア心をくすぐるフエヤッコがコレ。
News2012828longnose インプラウジブル ロングノーズ サブマリシブル1/35。
これはカッチョエエ〜。

甲状腺の上に丸型ハンドルの搭乗口もそそります。







Fishsub2announce ファーストイメージはコレ。
この人のスゴイのはフエヤッコとオオフエヤッコの違いがわかってるって事。
オオフエヤッコは警戒心も強く、レア種。
もちろん飼育スキルも高いから、ワイキキの飼育年数は驚異的!!
スケッチ段階から口が長いがタイトルにもロングノーズってなってるのが生体マニアモデラーだと見破るよ(ニヤリ)
834__420xfloat_fishsub2prog03
更にこのロングノーツって黒褐色、黒化個体も実際にいるから、塗装の幅が広がる・・・。

センスもさることながら、アカデミックな解釈も観ていて昂る。





スチームパンクな模型はリアル表現一辺倒のスケールモデルを飛び越え、非常に高度な博学知識と美術様式から形成されていた。

« ×★×ゴメンナサイの生き物たち | トップページ | 活き餌 »

シーラカンスを飼う。」カテゴリの記事

コメント

カーリー2号さん:

海底大戦争の敵の潜水艦じゃないですか!!!!

スティングレイ!

おおっ。よしひろサン。
コメントありがとうございます。

馴染み深い海底大戦争のメカニカルフィッシュぽいデザインなので、
ここに取り上げました。

が、よーく見るとマリンアクアリスト納得の生体特徴を捉えたデザインになっていると思います。しかもペパーミントエンゼルクラスのオキナワクルマダイぽいのがソソります。

メカニカルフィッシュ型潜水艦のファンは多いですね。
数年前、オークションで当時のオリジナルプラモデルが出品された時はコンスピでは買えない金額になってしまいました(汗。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ×★×ゴメンナサイの生き物たち | トップページ | 活き餌 »