« 死亡・・・何故? | トップページ | 水槽の有害生物#2 »

2012年9月16日 (日)

四半世紀ぶりに飼うヤッコ

突然の飼育魚活動停止状態で、水を測ってもそれほど悪くない。
NO3:0mg/l、NO2:0mg/l、CA:450mg/l、KH:10°、PH:8.2
急遽、濃縮天然海水を買いにいった店で1〜2cmのモンガラカワハギ各種を発見・・・ほとんど白いダイヤ型の形状・・うっすら出ている柄でムラサメ?っと判断できた。
コレ見るとサイパンを思い出す。30cmレベルの浅瀬で異常に馴れてて人に近付いて来る。
その姿は本当に可愛く、英名の「ピカソ・トリガーフィッシュ」とはよく付けたものだなぁっと思っていた。
Dsc07229_2
ピカソ・・・顔つき、色/柄など芸術度はかなり高いと思う。
同時に久々にオーネイトカウフィッシュもペアで入荷して昂った。一度だけホワイトバードボックスと共に飼っていたが、これらサンゴ他熱帯性生体を入れている水槽では長期は無理だと思った。
今の水槽ー設備では全然無理なのでアッサリ諦めた。
が、ピカソ買ってしまった。。。
コレ飼うの四半世紀ぶりで、この魚が病気になった記憶がない。
(水槽で病気にならない魚ベスト3は1位ベニゴンベ 2位ピカソ 3位フリードマニー・・・な記憶がある)
水作エイトスキマーの7L水槽に放流・・・

Dsc07254

密かに最初に導入したLRに付いていたウニ3個がデカくなってる。このウニが適度に水作を移動させてる・・・ゴッツイ力持ちな生き物である。やがてピカソの餌なんだケド・・・そこまで飼えるかな?

して、もう一匹-四半世紀ぶりに買っちゃった魚がコレ。

Dsc07274_2

サザナミヤッコ。プランクトン入れたくてシュリンプさんに注文する時に、めずらしく魚を売ってるではないか・・・しかもサザナミ。。。
ボクはこの魚がジツは大好きでクィーンと共に単独ソロ飼いしていた頃があった。
ソロ飼いするとクィーンのように優雅なスレッドになり、アフリカヌスのように愛嬌ある顔つきがナントモ愛着が湧く魚になる。
クィーンに負けないブルーのアイシャドウにイエローリップなんて完全成魚にならないと出て来ないし
味わい深い魚・・・しかし、40cmにもなる・・・
最低300L、近いうちにでも100Lレヴェルの水槽は要る様になるなぁ・・・どうしょ
しかしながら、購入理由はもうひとつー、20cm水槽には魚ではカエルアンコウしか入れてないので、一度魚を入れて何故病気になったのかを確かめてもみたかった。パイロット的な役割で申し訳ないが成長と共に今後を考えようと思う。
しばらくは「スポンジフィルターで飼うサザナミヤッコ」って事になりそう・・・

そういえばコノ手の魚を通販する事ってないから、その2,3cmの生体に似合わぬ袋パッケージのデカさに驚いた。

Dsc07262_2

で、5in1で測ってみた。


Dsc07263


Dsc07264

2回測ったケド完璧。
活きた天然海水の中に海草と共に眠った小さな魚が入っている状態。水槽の水をほとんど抜いてこのまま入れた(笑


« 死亡・・・何故? | トップページ | 水槽の有害生物#2 »

20,20,60cm水槽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 死亡・・・何故? | トップページ | 水槽の有害生物#2 »