« 水流 | トップページ | カーリーKaliとは・・・ »

2012年10月 8日 (月)

ORP

この夏、ORPの数値がず〜っと400切る事が無かった。オゾン炊いての事だろうけど底面エアリフトにしてはイイ数値。春先から先週までORPは400から450という理想値でありながら、どうしてカエルアンコウが狂ったように亡くなったのか未だに引っかかっている・・・

スコリミア等LPS、ソフトコーラルなどは以前やってた濾過もスキマーも持たないアマモモナコ水槽のORP低い方が抜群に状態がよかった記憶がある。
Dsc00270








Uhf0765_2








Dscn0108











この時、カエルアンコウが共食いでしか亡くなる事はなかったと思う。

天然光に晒されるウミヒルモは眩しいほど鮮やかな緑の草原にしてくれる。。。
高さも低いからサンゴへの光りを邪魔しないのがイイけど、ウミヒルモの自然生息域でLPSって観た事ないし、不自然でもある・・・でも、水槽ではLPSの調子がよかった。
ウミヒルモに興味を持ったのはグアムの日航ホテルの海水魚、シャコガイなどの大きな池などの連結部ー、バックヤードの水路にコレを植えて浄化させていたのを見てから。
どれほどの効果があるかはわからないが、丈夫でカンタンなのが気に入った。

で、以前と同じようにCPファームに注文・・・忘れた頃の昨日、届いてた(汗。

Dsc07406










あっ、水流はbenopaサンのご提案通り、ポンプの垂直吹き上げだけでなんか十分な気がして・・・なんせコンパクトなのがいい(笑。
同時にプランクトンパック、2枚貝頼んでたので、ナンチャッテ水合わせ後、砂そのまま右プレナム側に撒いた。ここのプランクトンって目に見えないからいつも微妙・・・
んで、これらすべてパウダーサンゴ砂なのでその上にウミヒルモを適当に埋め込む・・・

Dsc07412









しかし・・・袋に入ってる時から思ってたがウミヒルモの色が悪い・・・こんなんだったけ???

Dsc07413









ブルー寄りの光りだから、上の天然光より青味があってよいハズなんだけど、ややカーキ!?

まぁ、一旦、抜け落ちても砂中のランナーが活きていれば大丈夫だと思う・・・けど、
ランナーも妙にカイワレぽい、弱々しい色に見えてしまう。旨そうだけど・・・。

オーストラリアというか未だに南半球は行った事がない。
たぶん、スコリミアって絶対、こんな砂地にいる訳ないが、安定すると次の冒険をしたくなるのがこの趣味の変なトコ(笑。

もともと、浅場で海草とシャコガイと肉食魚を入れる事前提で奇妙な底面プレートを自作したんだから、やってみたが・・・ORPがどんどん下がる・・・

梱包の隙間に沖縄の天然海水も入れてもらいながら、どんどん下がる。

まぁ、ORP計が故障ではなかった事はわかったが一晩で100は下げた。

って事は・・・5in1で測ってみると、NO3に色反応・・・10、んっ、暴走!?25〜〜mg/L!!
先週の計測では全く色反応はなかった。

油断して気を許すとこの趣味はこうなるね(笑。
天然海水って魚関係なら多少水温合わせなくとも平気なハズ。
プランクトン他微生物のナンチャッテが油断しすぎたかな・・・

ウミヒルモと共に、しばし静観・・・

« 水流 | トップページ | カーリーKaliとは・・・ »

60cm規格水槽(エアリフト厚砂底面濾過)_」カテゴリの記事

コメント

ちわー!

ORPを計測されているんですね!尊敬!

うちも5000円ほどのチャチなおもちゃのようなものがあったんですが
こわれて。wwwww

そのおもちゃのようなものを使って校正液をつかってBP水槽を
計測していましたが一番調子のいいところで200程度で130なんてこともありました。
400なんてトテモ無理。

オゾンを炊いてもだめでした。しかし水道水なんかを計ると550なんていう
数値が出てきてそのとおりなんで腹が立ちました。

5IN1の紙はあてになりませんですよ~

yoshihiroサン、こんにちわ

ORPはライブロック取り除いてからグンっとあがりました。
計測器といっても昔のアメリカンマリン社のピンポイントです(汗。
ORP測ってるというか常に浸けっぱなしで、一日の変動を見ています。。。
この計測器って非常に懐かしくベルリンタンク、モナコタンクっと代々ずっと浸けっぱなしで見てましたが、立ち上がってからは今回の底面エアリフトが最も理想値に近い状態が続いてました。

5in1は当てにならない・・・そうですよねやっぱり・・・(笑。
実際、どれほどのものか調べた事ないのですが、水質そのものはORPで変動見て、PHとKHの関係を重要視して水換えの頻度の参考にしてました。
せめて、、、PHとKHはあってて欲しいもんです(汗。

ペンタイプのPH計も出て来たんですが、校正液が高く、すぐ無くなりますね。
あの液がなくなってミネラルウォーターの表示を当てにして校正したりして・・・(汗。

カーリ−2号さんどうも…

ウミヒルモの以前の画像、素晴らしいですね(^^) 太陽光ですか‼
僕も昔、挑戦しましたがメタハラではうまく行きませんでしたょ(>_<)
…シャコ貝も素晴らしい。
海草は移植して一度葉が枯れても‥しっかり根を張ったら新芽がでるとか⁇
DASH海岸(日テレ)で言ってた様な〜⁇⁇
http://www.ntv.co.jp/dash/contents/coast/contents/archive/2011/0731_amamo/archive.html
気長に頑張って下さい♫

benopaさん、コンバンワ

benさんのジツに完成度の高い昔のモナコ水槽画像見て、引っ張り出しました(笑。
メタハラ・・・だめでしたか・・・
そう、コレLEDの性能見るのにいいかも知れませんね。
ボクが個人的に見ているウミヒルモってあまりキレイなとこにいません。
しかも塩分濃度の不安定な場所です。
っという事は基本的にタフだと思うのですが、光りが最も重要なのかも知れませんね。

動画添付ありがとうございます。
コレ、ジツは、去年-、太陽光ブレンド買った後、エイジさんにも教えてもらいました(笑。
しかも、この水槽には太陽光を使ってないという・・・申し訳なさ・・・(汗。

写真では解りずらいのですが、植え込む時のピンセットに粘液質の花粉が絡んで埋め込み難かったので「花」を咲かせた後かも知れません。

ホームアクアリウムシーンに於いて、ひとつの小さな海を創る・・という事では登場してもいいと思いますが、野原みたい?でリアルリーフとは少し違うので人気ないのかも知れませんね。

ホントはユムシ/ホシムシの砂の巻き上げ対策として入れたんです(汗。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水流 | トップページ | カーリーKaliとは・・・ »