« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月20日 (火)

天然海水

天然海水派ってどれくらいいるのだろうっと思うが、人工海水がなければこの趣味は広がらなかっただろうと思うし、様々な可能性を秘めていると思う。

あの独特なケミカルな香りはとてもアカデミックで海を再生シテル気になれる(笑。
だから、嫌いではない。が、小型タンク故、天然海水の方がお手軽でいい。
水を抜き送られてきたビニールパックを注ぐだけ・・・
この油断がよくなかったみたい。
デトリタスが目でみえる砂を敷かないシステムは水を抜く時にデト吸い取るから硝酸塩の反応はない。
Dsc03248_2
*benopaさんから聞いたお得なアイデアの半裁しても判断できる証拠写真・・・
Dsc07904_2
底面というか砂がある60cm水槽では・・・
Dsc07907_2
今、とても状態悪!!・・・・
一年以上、NO3が出ていなかったのがウソのよう・・・
Dsc02954_2
そこで、デト対策でシロナマコ投入ー!!
Dsc07903
すぐに隠れて、奥まった部分からクリーニング始めた。っと思う。
スポイトで砂に水流吹きかけるだけで・・・
Dsc07889_2
砂の上はデトだらけ(笑・・・
コレハマズイ!! 富栄養当たり前!!
あわてて毒抜き作業するも、1,2回で取れる雰囲気はない(汗。
むしろ水換えサイクルを早めながら回数をこまめに分けて戻そうと思う。
結果、水作エイトにスキマーつけたタイプが最も安定している皮肉・・・。
20cmではキレイに開いていたキノコが開かないし・・・
Dsc05063_2
Dsc00622_2
Dsc05227_2
さらにカクは膨れて増えてはいるが色が悪くなってきた・・・
んっ、見ようによってはいいのかな? ほとんどピンク・・・
Dsc05150_2
Dsc07866_2
しかし、ウイスカーズはおかまい無しに増えている・・・
とても3月はポリプ1個だったとは思えないほど顕著に増えていく。
カーリーみたい・・・
Dsc07872_2
でも、初期はポリプがもっと太かった・・・
Dsc06972
水作で海水魚/サンゴ飼育って事で海水作ってタイトルだったけど、
1号んとこの改良も何もしていない水作コンセプトで・・・里子オオバナ、コハナガタ、ハナタテも回復後、ナント成長しているらしい・・・
ついでに傷ついたスコリミアも里子に渡してみた。元気に育ててくれ。
具体的に水作でどれほど飼えるのか知りたくなってきたし、ライブロックも無くなって久しいし・・・一度、砂抜こうかな?

2012年11月16日 (金)

Q

いよいよ、エヴァンゲリオン「Q」が公開される。
毎度毎度エヴァ公開って社会現象になる・・・
そして何かと時代は革新/改革ってフレーズがつきまとう。
エヴァ放映された年は阪神大震災、国内最大テロのサリン事件があった年・・・
連立政権村山内閣・・・野茂がメジャー挑戦で大リーグの道を開いた。。。

マリンアクアリウムではターンズのパワースキマーより高性能スキマーが増え、その仕組みの多様化によりベルリンシステムが主流になった。
(そいえばアップルもこの時代Power Macって云ってた)

前作「破」の時は政権交代-鳩山内閣が誕生し、そして今回の「Q」で衆院解散!!

エヴァと共に時代のうねりは動いているようにも感じてしまう・・・

アニメに大胆な活字を入れる手法は言葉以上の訴求力を感じる。

また、知らない人はロボットだと思ってるが、あれはクローン怪獣。
怪獣の頸椎に少女/少年が入って神経で繋がるというグロさが「生命」という意識を増長させている。

水槽の中のエヴァを拾ってみた

初号機

Dsc07881








Dsc07860








初号機暴走

Dsc07851














Dsc07837








Dsc07879










0号機
Dsc07846








Dsc07843








Dsc07848








0号機 改

Dsc07857










弐号機

Dsc07853









仮設5号機

Dsc07858








うむむむ・・・

水槽は毒抜き水換え大会!!

2012年11月14日 (水)

Sea Lifeというピコリウムダイオラマ

素材が樹脂と金属のアクアリウム・・・1/35というタミヤ模型が普及させたスケールで販売されている。以前のクルマダイ型潜水艦に付属していたものの別売り。
日本の通常のマリンアクアリウムはナノになるかもしれないが、さらにそれの1/35だから、サンゴ達はワイングラスにも入る大きさでディスプレイモデルとしてはオモシロイ。
出来はエッチングによるものなので非常に細かく繊細。
Sealifebaginsertfront

















大きなモノから小さなモノまでアメリカもんは楽しい・・・。

「海の物語」よしひろサンとこのブログで登場したガラモン・・・

サンゴのようで美しい。

ボクはこの怪獣が大好きで、造型的に観てもこれほど独創性の高い怪獣を観た事がない。
・・・ロボットだけど(笑・・・ゲロ吐くし・・・(汗。
ミドリイシの枝のようなところがアンテナでセミ人間に操られている設定ー。
隕石から生き物が出て来るアイデアも斬新で他に類を見ない。

また、ボクが記憶する限り日本で最初のカーチェイスしたTVドラマ。

大人が真剣に子供に媚びずに創られた硬派な怪獣番組。

・・・あぁ、スバラシイ!!

この数年造ったガラモンを一部並べてみた・・・・

Dsc07827_2














Dsc07829_2














30cmオーバーの20年以上前のキットを組んだもの。

P1020128














10年前販売された30cm弱のビニール製キットを当時のモノクロ調に仕上げたモノ。
クールグレイ、ワームグレイ・・・時間がかかった割にナンテ事ナイ!?

Dsc07831














2年前の樹脂製10cmモデルキット。

Dsc04942








Dsc04945








20cmモデルキット。
60年代カルチャーテイストに合わせたデザインにしてみた。
操縦されてた筈のセミ人間をクルマにして・・ゲロ吐きながら疾走するガラモン・・・
シートはガラダマの破片・・・

そして今、唯一買える話題のビリケン商会製のガラモン

201209164














201209161















かなり出来の良い高バランスな模型となっている。
四半世紀続けている日本の伝統的なマッチ箱デザインもウレシイ。
Dsc07830















生産数ごとに成型色を小分けして売っているので、絶版カラーはスグにプレミアまで付いてしまう??

そういえばガラモンの当時のソフビのオモチャがあるオークションで一千万円を超えた・・・
40年前のヴィニールのオモチャが一千万円を超えてしまうほどガラモン人気はスゴイ。
その後、ン百万を上乗せして購入交渉するも成立せず・・・時価一千数百万円になってしまった・・・(汗!!!

オークションというのはフェアな売り方ではないと思うが、仕方ない場合もある・・・

アクアリウムの世界でも日本で最初に入ったホワイトアズファーは店の常連客によるオークションだった記憶がある・・・当時、ボクが予想した10倍で落札されたと店から聞いた。

通常では考えれない値が付いた時は第三者に廻る方がオモシロいと思った。

が、レアという言葉に含まれた「物欲」はナントモ悲しいが気になる(汗。

未だ観ぬ魚、沈船を求めて海を深く潜り手に入れるように夢の島を2メートル掘れば出て来そうな60年代お宝ガラモン・・・と妄想にふける・・・。

2012年11月10日 (土)

水換えという名の濾過

蓮チャンで水換えるとORPはグングン上がります。
殆ど水換えと云う名の濾過・・・。

しかし、栄養豊かな底面濾過の場合、ナカナカ硝酸塩は下がりません。。。
先月までの貧栄養がウソのように、少しずつしか減りません。
Dsc07668_2












先月の底砂吹き上げ事故により、バランスが著しく変わったので次の水換えで一度毒抜きメンテしてみようかと思いますが、活き餌用の連結サイドタンクに還元ボックス使ってみました。

Dsc07700








Dsc07701















スグにケースの中にヨコエビが多数住着き出しました。彼等は狭いトコが大好きですね。クルクル廻ってます。

まぁ、おかしな事になっていってますが静観してみます。

Dsc07714








Benopaさんから聞いた5 in 1の半裁アイデアいただきました。

悲しい事に上から水作エイトスキマーの5L水槽、 スポンジスキマーの10L、 底面スキマーの40L・・・一番カンタンなのが最も数値がイイ・・・(汗。
魚は全く異常はない数値ではありますが、底面スキマーのピンク色気になります・・・

この半裁テストペーパー、気兼ねなく使えますね。
カラーチャートに載せ易く、比較しやすく見やすい・・・

そいえばタマに足し水します。

Dsc07618















クリティア ミネラルウォーター・・・使っちゃってます。
ミネラルバランス云々あるとは思いますがPH8.2です。
感覚的に温水と冷水混ぜて24度合わせて少量入れてます。

う〜む・・・モノゴトをカンタンにススメ過ぎたツケかも!?

2012年11月 1日 (木)

Halloween in Aquarium

もしアメリカ旅行するなら、間違いなくこの時期、この日に設定する・・・。

Dsc07629








Dsc07626















ハロウィンのアメリカは日本では考えられない程、盛り上がる。
10年位前はLAからNYまでこのカルチャーイヴェントに参加していた。

ホテルのフロント、タクシードライバー、レストランのウェイトレス、そう空港カウンターまで、皆ゾンビになる・・・。

ゾンビ化した子供達はキャンディバッグ持って各家々をキャンディ求めて徘徊する・・・・

近所付き合いの無くなった日本には考えられないくらいに、ステキなイヴェント。

こんな楽しいイヴェントなのに、この数年、日本は不景気でハロウィンの飾り付けすら街から消えていった。。。ようにも感じる。。。
日本って昭和30〜40年代、カヤのあるころは窓開けっ放しで過ごしてたのがウソみたい。特にイジメ問題の多い日本では大人たち、会社組織でもこのようなイヴェントが必要だと思うのだが・・・

だが、大阪は盛り上がっていた〜〜〜

・・・もちろん一部ネ(汗。

この数年はハロウィンコンテストの審査員!?シテル・・・

最近の日本のハロウィンはとてもユニークで創造豊かだ。

メイクのモチーフがタツノオトシゴだったり、半魚人イメージ・・・アクア好きにはピクピクなるがシリアスからオチャラケまで本格的ゾンビ見慣れた目でも楽しませてくれる・・・。

この日から日米イッキに寒くなるから半パンは今日までだね・・・・

ボクはこのハロウィンカラーが好きなようで・・・
買ってるサンゴが
オレンジ
パープル
蛍光グリーン
気がつけばハロウィンカラーが多い・・・
水槽の中のハロウィンを拾ってみた。
Dsc07677














Dsc07676








Dsc07685








Dsc07692








Dsc07684








Dsc07693








Dsc07680








Dsc07695








Dsc07687








Dsc07691








Happy Halloween

ウォーキングデッド、シーズン3ハヤク見たい・・・

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »