« Halloween in Aquarium | トップページ | Sea Lifeというピコリウムダイオラマ »

2012年11月10日 (土)

水換えという名の濾過

蓮チャンで水換えるとORPはグングン上がります。
殆ど水換えと云う名の濾過・・・。

しかし、栄養豊かな底面濾過の場合、ナカナカ硝酸塩は下がりません。。。
先月までの貧栄養がウソのように、少しずつしか減りません。
Dsc07668_2












先月の底砂吹き上げ事故により、バランスが著しく変わったので次の水換えで一度毒抜きメンテしてみようかと思いますが、活き餌用の連結サイドタンクに還元ボックス使ってみました。

Dsc07700








Dsc07701















スグにケースの中にヨコエビが多数住着き出しました。彼等は狭いトコが大好きですね。クルクル廻ってます。

まぁ、おかしな事になっていってますが静観してみます。

Dsc07714








Benopaさんから聞いた5 in 1の半裁アイデアいただきました。

悲しい事に上から水作エイトスキマーの5L水槽、 スポンジスキマーの10L、 底面スキマーの40L・・・一番カンタンなのが最も数値がイイ・・・(汗。
魚は全く異常はない数値ではありますが、底面スキマーのピンク色気になります・・・

この半裁テストペーパー、気兼ねなく使えますね。
カラーチャートに載せ易く、比較しやすく見やすい・・・

そいえばタマに足し水します。

Dsc07618















クリティア ミネラルウォーター・・・使っちゃってます。
ミネラルバランス云々あるとは思いますがPH8.2です。
感覚的に温水と冷水混ぜて24度合わせて少量入れてます。

う〜む・・・モノゴトをカンタンにススメ過ぎたツケかも!?

« Halloween in Aquarium | トップページ | Sea Lifeというピコリウムダイオラマ »

20,20,60cm水槽」カテゴリの記事

コメント

カーリーさん:ちわー

>しかし、栄養豊かな底面濾過の場合、ナカナカ硝酸塩は下がりません。。。

そうでしょう そうでしょう。ろ過システムとしては優秀といまでも思っていますが
硝酸塩の増殖システムでもありますからバイオボールなどと併用するのがいいんだと
思います。それでもリッター当たり5mg程度の硝酸塩は出てしまうようです。魚飼育ですとまったく問題のない数値ですけれどサンゴのミドリイシはだめですね。


ケチつけるのではないのですがテトラのあの試験紙はかなりいい加減ですよ。
目安程度なら まぁ そんなものかで済まされますが 比較的ましなのは
NO3の計測ぐらいかな。うちで使った印象ではCAはどはいつも500のままだし
KHなどは水でにじんで色がわからなくなるという体たらく。あれじゃ・・
他の水質キット使った方がとつい思ってしまいます。

ご参考までにてです。ww


よしひろさんコンニチワ!!

むむ、やはりそうですか〜

どうも、そう云われ続けてるみたいですね。
観た時に、長い間こうゆーのずっと待ってたと思ったので目安程度の希望的観測でいいやっと思ってました(汗。
デタラメさ加減がよくわからないので、おおまかでいいっと・・・

ただ個人的にも特にNO3とKHが気になるトコロで、ここだけでも目安が立てれればと思います(汗。

ほとんど海草、海藻系を使っていたのでデニボールってジツは使った事ないんです。
昔リレハンメルオリンピックで使われていた成分分解プラスチック容器ですよね。

必ず富栄養なシステムになるので海草をと思ってましたが、その海草も枯れ・・・
まぁ、一度上がり、完全に1年程下がっていたのでもう暫く静観します。

・・・少し、キケンな感じ・・・(汗!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Halloween in Aquarium | トップページ | Sea Lifeというピコリウムダイオラマ »