« 水換えという名の濾過 | トップページ | Q »

2012年11月14日 (水)

Sea Lifeというピコリウムダイオラマ

素材が樹脂と金属のアクアリウム・・・1/35というタミヤ模型が普及させたスケールで販売されている。以前のクルマダイ型潜水艦に付属していたものの別売り。
日本の通常のマリンアクアリウムはナノになるかもしれないが、さらにそれの1/35だから、サンゴ達はワイングラスにも入る大きさでディスプレイモデルとしてはオモシロイ。
出来はエッチングによるものなので非常に細かく繊細。
Sealifebaginsertfront

















大きなモノから小さなモノまでアメリカもんは楽しい・・・。

「海の物語」よしひろサンとこのブログで登場したガラモン・・・

サンゴのようで美しい。

ボクはこの怪獣が大好きで、造型的に観てもこれほど独創性の高い怪獣を観た事がない。
・・・ロボットだけど(笑・・・ゲロ吐くし・・・(汗。
ミドリイシの枝のようなところがアンテナでセミ人間に操られている設定ー。
隕石から生き物が出て来るアイデアも斬新で他に類を見ない。

また、ボクが記憶する限り日本で最初のカーチェイスしたTVドラマ。

大人が真剣に子供に媚びずに創られた硬派な怪獣番組。

・・・あぁ、スバラシイ!!

この数年造ったガラモンを一部並べてみた・・・・

Dsc07827_2














Dsc07829_2














30cmオーバーの20年以上前のキットを組んだもの。

P1020128














10年前販売された30cm弱のビニール製キットを当時のモノクロ調に仕上げたモノ。
クールグレイ、ワームグレイ・・・時間がかかった割にナンテ事ナイ!?

Dsc07831














2年前の樹脂製10cmモデルキット。

Dsc04942








Dsc04945








20cmモデルキット。
60年代カルチャーテイストに合わせたデザインにしてみた。
操縦されてた筈のセミ人間をクルマにして・・ゲロ吐きながら疾走するガラモン・・・
シートはガラダマの破片・・・

そして今、唯一買える話題のビリケン商会製のガラモン

201209164














201209161















かなり出来の良い高バランスな模型となっている。
四半世紀続けている日本の伝統的なマッチ箱デザインもウレシイ。
Dsc07830















生産数ごとに成型色を小分けして売っているので、絶版カラーはスグにプレミアまで付いてしまう??

そういえばガラモンの当時のソフビのオモチャがあるオークションで一千万円を超えた・・・
40年前のヴィニールのオモチャが一千万円を超えてしまうほどガラモン人気はスゴイ。
その後、ン百万を上乗せして購入交渉するも成立せず・・・時価一千数百万円になってしまった・・・(汗!!!

オークションというのはフェアな売り方ではないと思うが、仕方ない場合もある・・・

アクアリウムの世界でも日本で最初に入ったホワイトアズファーは店の常連客によるオークションだった記憶がある・・・当時、ボクが予想した10倍で落札されたと店から聞いた。

通常では考えれない値が付いた時は第三者に廻る方がオモシロいと思った。

が、レアという言葉に含まれた「物欲」はナントモ悲しいが気になる(汗。

未だ観ぬ魚、沈船を求めて海を深く潜り手に入れるように夢の島を2メートル掘れば出て来そうな60年代お宝ガラモン・・・と妄想にふける・・・。

« 水換えという名の濾過 | トップページ | Q »

サンゴのような怪獣」カテゴリの記事

コメント

カーリー2号さん:こんばんわー

>ボクはこの怪獣が大好きで、造型的に観てもこれほど独創性の高い怪獣を観た事がな>い。・・・ロボットだけど(笑・・・ゲロ吐くし・・・(汗。

ガラモンのファンでおられたんですね。
しかしよくあつめましたなぁ。
ウルトラQは鮮烈でした。和製アウターリミッツみたいで。w

ガラモンは顔を見ないと結構恐いものがあると思うけどあのパチクリした目
とか分厚いタラコのような唇がなにかアンバランスなところがあって奇妙ですよね。
それがうけたのかもしれません。

ウルトラの中では私はケムール人がいいな。なにか不気味で間の抜けた
ところがあってチト 恐い。


35スケールの水槽ミニチュアはこれまた風情がありますね。
魚の種類を選べたら一つ買ってもいいですわ。

よしひろさんコンバンワ

ガラモン、コレまだお仕事を含めたほんの一角です(汗。
5番目のセミ人間グリルのガラモンはマイデザインです。

和製アウターリミッツと云われている通り、ウルトラQはホントすごかったですね。
表面テクスチャーが独特で、これを再現する為に当時のスタッフさんから話を聞くチャンスがありました。当時は工房近所の木工所から出る大量のオガクズをゴムに混ぜたと聞けました。
あの怪獣達の生き物のような表皮はすべてオガクズを混ぜてイレギュラーな凸凹にしていたのです。木工所の減少に伴って、怪獣たちの表皮もリアリティさが無くなってます。
まぁ、小さな小さなトリビアです(笑。

木工所の前を通ると香るあのニオイも町から消えましたね。

ケムール人・・・エエですね。
不気味さではコレ超えるヤツいないですね。
カエルアンコウ好きになったのも、あのケムール頭の釣り竿器官が印象深かったかもです・・・。
マガキガイの触覚のような目を観た時もケムール人とカネゴンを思い出してましたね。

っと、これほど多くの永遠的なイメージを植え付けられた怪獣造型でした。

そういえば後輩がアウターリミッツのモンスターをこの冬ドド〜ンっと販売するみたいです。
日米とも黄金の60年代は永遠のようです。

こんばんは。

『Sea Life』…そんな物あるんですか⁇
真鍮製エッチングパーツ〜全然知らなかった
http://www.scaleplasticandrail.net/kaboom/index.php/all-other-subjects/all-things-diorama-and-groundwork/68-135-scale-items/1518-135-sea-life-photo-etch-detail-up-set-from-industria-mechanika
これですか…人種のるつぼ、米国って本当に好みの幅が広いですよね ^^;

benopaさんコンバンワ。

貼って頂きありがとうございます。

サンゴも好日陰日含めて水深20mくらいまでの設定でしょうね。
魚もトリガーからキイロハギ、クマノミ、タツノオトシゴなどワチャワチャ入ってます。

コレ、たぶん昔のTV「クストー・驚異の世界」のカリプソ号がレベルによりプラモデル化された時に、付属していたダイバー数名、ロレックスの小型潜水艇、サメなどの数々の海アクセサリーパーツをより細かく進化させたものだと思います。
あの出来の良いダイバー、サメとか欲しさに再販する度、買ってました(笑。

クストーさん、Uボート破壊工作員でもあり、アクアラングの発明者でもあり、モナコ海洋博物館の館長でもあり、、、007というかMr,トリビアみたいな人です。
この人いなければもっとアクアリウムも進化していなかったでしょうね。


カーリーさん:

>そういえば後輩がアウターリミッツのモンスターをこの冬ドド〜ンっと販売するみたいで>す。

ええですね。高価でなくてなにか食玩みたいなので出てくるといいよなぁ。

狂った進化の超人類とか破滅の箱にはいている気色の悪いモンスター
とかザンティ星人、ルミノス星人とか、クロモ星人とか

ああ もう気が狂いそう。wwwwwww


ちなみに 私は謎の円盤UFOのキャラみんなもってます。
そうだ スティングレーーの潜水艦もあるよん。


よしひろさん、おはよーございます。

アウターリミッツ
おおっ、5年10年前なら食玩がよかったかもですね。

ちなみにアメリカの知人ですが、こんなモデルキット売ってます...
http://www.dimensionaldesigns.com/outerlimits.html
ちょうどベルリンシステムが〜とかアメリカでデカイスキマーが並び始めた頃ですから20年位前の製品ですが、想い入れたっぷりに創られた造型は未だに人気もあるようです。

ちょうど10年前、UFO含めたジェリー・アンダーソンのアイテムが食玩でコンビニでも並んでましたね。
まだ日本でTVが完全普及していない頃のスーパーカーとかXL-5ナンテ誰が買うのだろう? っと思っていました。
が、ワケ合ってトラック1台分、、、来ちゃた記憶がナツカシイです(汗。
SIDが・・・いったい幾つ在るんだ〜という状態でした(笑。

カーリーさん:こんばんわー

なんちゅうか もう気絶しましたわ。アメリカのお友達すごいの
つくっておられるのですね。全部そろってますやん!

ウイリアムシャトナーがでていた金星人もある!


1個 まぁ4000円というのはそんなものかと思いますが
もうすこし安くて日本で販売してくれればひとつ買いますやん。
もしかしたらまた一つてかうかも。wwwww

よしひろさん、コンバンワ。

オモシロイでしょ(笑。

ここの代表はサンフランシスコで飲食業してます。
がホンモンプロップコレクションは日本で博物館できる領域です。
でも、こんな人・・・いっぱいいます。

アクアリウム含めて、マニアの家を徘徊するのが好きで、スケールのデカさを知り、自分のハンパなコレクションヤメました(笑。

日本ではフェイバリットなものだけをズ〜っと大事にするのが気楽でいいと思いました。

んっ・・・頭から離れない・・・気になるキャラいたらまたお伝えください

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水換えという名の濾過 | トップページ | Q »