« トラトラトラ | トップページ | Now is the time »

2012年12月 9日 (日)

Starting Over

当時、テクノとかスカとかパンクとか音楽の多様化が始まった1980年、職場でジャニス・ジョップリン、ジミ・ヘンドリックス、ジム・モリスン・・・「J」がつくミュージャンは短命だな・・・などと話してる最中の臨時ニュースでジョン・レノンさんが射殺されましたとの一報・・・。
皆、「アッ・・・」っとなった。
12月8日はあの日の会話を思い出す。
32年前のこの日は寒かった。
時代を象徴するハイテクな曲、暴力的なタテノリパンクを押し切ってマクセルってカセットテープのコマーシャルでの山下達郎のライド・オン・タイムとジョン・レノンのスターティング・オーバーの2曲のロックバラードが底冷えする街中に鳴り響いていた。
ボクはアクアリウムナンテ経済的にもとんでもない状態で、真夜中の線路沿い道路を歩いて帰る事も多かった修行?の日々の1日だが、朝から晩まで鮮明に憶えている日ってあるもんだ。
ある程度の事は年代毎に頭でファイリングしてまとめているが、何か特別な1日なのかも知れない。
さて、水槽ではリセット後、シャコガイが始めて放卵を止めた。
金魚鉢は水晶玉のように透明度が高くなった。
う〜ん、今日が記念すべきStarting Overな日かもしれない。
Dsc08193_2
Dsc08197_2

« トラトラトラ | トップページ | Now is the time »

金魚鉢でサンゴ/海水魚飼育」カテゴリの記事

コメント

>ボクはアクアリウムナンテ経済的にもとんでもない状態で、真夜中の線路沿い道路を>歩いて帰る事も多かった修行?の日々の1日

リッチなカーリーさんにこんな日々もあったとは・・・(@Д@;

よしひろさん、オハヨーゴザイマス。

リッチー??全然ありませんよ。
80年代の前半は片手以下の月収です。好きな世界で活きる場合-、また「腕」で生きる場合-、当たり前でした。労働基準何チャラなどほざくとクビですね(笑。
オドロキのエピソードは腐る程ありますよ(笑。
で、どうも12月8日は冷え過ぎのようで、明け方・・・水槽は再び白くなった模様です。
ナカナカスタート出来ましぇん。。。

>年代毎に頭でファイリングしてまとめているが
本当に記憶力素晴らしいですね! 僕の頭の中はぐしゃぐしゃです(@_@)

>シャコガイが始めて放卵を止めた
良かったですね。でも、只の放卵だったんですかね〜??

エアポンプはアデックスか水作が静かですよね…あと、ニッソーの砲弾型θ-6000も静かでした。がっくりしたのはテトラの商品‥ウルサイ! ウルサイ(>_<)

benopaさん

何故かこの時期の記憶は残ります。
子供だった頃のマガジンの表紙とか、ホビージャパンの表紙/特集とか、ポパイのカウチン特集、寒さを増すこの時期なのにブルータスがヴィンテージバイクの特集・・・どの世代の時でも忙しかったから余計かも知れません。
この時期に雪が降るとホワイトクリスマスだなぁ〜とか、季節の微妙なサイクルも同じ傾向みたいです。
シャコガイ・・・ジツは形状がオカシクなってるので写真載せました(汗。
大体ツヤと色で健康状態がわかりますが、ヤバイ・・です。
エアポンプはアデックスとタカツキデンキが大好きです。特にアデックスはメーカーもいつも親切・丁寧な対応で驚かせてくれます。ホンモノほど価格は安いっと思っていますが、それの代表ですね。

>シャコガイ・・・ジツは形状がオカシクなってるので写真載せました
口を大きく開いているみたいですね‥!?
自然下の寿命は100年以上らしいですが、とんでもない大シャコガイなんでしょうね。

テトラ等のボリューム式より良いと聞いたので‥昔、アデックスの小型ステッピング式オゾナイザーを使っていた事もありました。
当時は空気の取入れに口にエアードライヤーを使っていましたが、今ではあまり聞かない様な‥やはり使っているんですよね??

アデックスが八王子市だったのも驚きましたが、電話で製造終了パーツの問い合わせ、購入した次の年に「オゾナイザーの調子は如何でしょうか」と年賀状が来たのにも驚きました‥対応は丁寧・親切でしたね。
もう少しデザイン性もと思いましたが‥デザイナー、居ないのかな〜?

benopaさん

そうなんですよね。年賀状とかアドバイスも添えてボクもいただきました。
決して高くない機器なんですがアデックスのあの営業姿勢ってスゴイです。
そう、たぶん未だにそのオゾナイザーですよ。以前にオゾン管のスペアも頼んでたし、一度スイッチが取れたので送ったらオゾン管を丁寧に熱湯処理していただいてたりで、減ってません。ポンプ同等に感動させてくれます。
共感の上にビジネスとして成り立って素晴しい事です。
デザインは昔からサンダーの方が良かったんですが手放しましたね。
しかし、あの無骨で中間色の組み合わせは70年代的でもあり、made in japanぽくて好きです。

でシャコガイ・・・このパターンのお亡くなり方は経験なく、様子を見る事しかできませんね。

多めに天然海水用意するようにしています。

>アデックスのあの営業姿勢ってスゴイです。

アデックスのエアーポンプうちは4台あります。

すごい出力で静かで長持ち。3000円程度であの安定した
性能は本当にOkですね!

今度今もっているサンダーのオゾナイザーがこわれたら
アデックスにすると思います。

またまた、失礼しました。
正確には…テトラじゃなくてワーナー・ランバート社のテトラ事業部でサンダー製品を扱ってたんですね。

カーリー2号さんのもステッピング式(この名称も間違えていないですよね?‥一定時間に段階的にオゾン発生回数を変える)なんですか??
後にアデックス製でアクア工房から発売されてましたがあまり売れなかった様ですね…

話は変わりますが、アクアからは撤退したジャレコ(ジャクノ)のクーラー憶えていらしゃいますか?
3種類位あったと思いますが全てペルチェ式で…!?
僕はあの製品は電気ばかり喰って、多分大した冷却能力は無いんではと思ってましたが!? その頃は情報が無くて分りませんでしたが評価はどうだったんでしょう‥ご存知ですか??

よしひろさん、オハヨーゴザイマス。

うわ〜4台もお持ちでしたか。

たぶん、あの無骨なスペアパーツを交換していけば、もう一生?エアポンプ買う事はないです(笑。

サンダーのオゾナイザーって2機種ありダイヤル式だったと思います。同じようにレイシーもありましたが、アデックスのタイプが効く実感が高いです。
オゾン発生中の時に香りが強いのと、スキマーをオゾンミキサーって具合に使った時に、明らかにサンダー、レイシーとは違う泡汚れで、固形汚物でさえ漂白してます。
オゾン臭はホームアルデヒドなどシックハウス症候群の対策にも良いみたいなので、家族への言い訳もカンタンです(笑。


benopaさん、オハヨーゴザイマス。

思い出してみるとサンダーの製品は1980年代から使っていたのでテトラ/ワーナーランバートが扱う前から日本に入って既に普及しつつあったと思います。どこが入れていたのか憶えていませんが、おいしい時期にワーナー・ランバートが扱い出したような気がします。シュアーもない時代でマリンフレーク・ドロマリンなど売上げで海水強化したんでしょうね。古い海水魚の飼い方お持ち帰りパンフにもサンダーの紹介がなかったと思います。

ジャレコ、ジャクノって余り憶えていないのはブランク中だったと思いますが、CI、BIなどのロゴがゴッツイデザインの会社ですよね?
ベルチェだから電気代スゴそうですね。たぶん、ベルチェはランニングコストを考えると1年で通常のクーラー買うのと変わらないかもです。
ボクは50Lでもゼンスイ寒流とレイシーの投げ込み式クーラーを愛用しておりました。
熱源の水中ポンプを使わないのでかなりコストパフォーマンス高かったんですが、アレが製品ラインナップから消えてるナンテ・・・
OFでもサンプ横にコンパクトに収まるし、ホース、配管がないのでサティアン化から開放されます・・・。水槽が小型になった今だからウケそうなアイテムだと思います。
でも、ニッソーのクロノスってパッケージに写ってる小さな物体は超小型クーラーだと思いますが・・・??今はあの物体に興味シンシンです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トラトラトラ | トップページ | Now is the time »