« ウッターチャオス | トップページ | 変化3 »

2013年3月15日 (金)

うをのぞき

ピカソのおやすみ場所が水槽のど真ん中に代わった。

自分にピタリのLRのスキマに入って寝るzzzzz・・・・
これがチョットオモシロイ。眼だけはしっかり監視できるように出ている・・・
Dsc09141_2
なんかジ〜〜っと見られているようでもあり、岩に目がついているようで逆にこちらをのぞかれてる感もあり少しコワイ(*^-^)
薄暗い蒼い光りは昔の水族館を連想させる
明治時代は水族館を「うをのぞき」と呼ばれたらしい(ブルータスバックナンバー水族館特集)。
ボク自身、最初の水族館体験は暗〜い空間で浮かび上がる水槽に緩やかに泳ぐ魚の光景ー・・・
もしくはホルマリン漬けの怪しき深海魚、樹脂で固めたクジラの性器たち・・・
怖くもあるけど、でも、のぞいてしまう・・・
ナンカ、お化け屋敷のような・・・
そんなCoolなマリンアクアリウム空間が欲しかった。
(それが便所!?(*^-^)
マダマダLEDライトの進化の過程だと思うんだけど、
ココで満足してしまってるボクはきっとコノ暗闇マリンアクアが好きなんだろう・・・
Dsc09127_2
Dsc09129
じゃ、陰日にー・・・という多少スキルと情熱を求められるサンゴは!? 今は少しシンドイから蛍光蛋白バリバリのサンゴがちょうどイイ感じ。
この暗闇で怪しく光り、デカイポリプ広げて餌を要求してくる姿が嬉しくもある・・・
このマッドサイエンス感が好きなんだろな・・・
最近、真っ白というか色も飛び半透明になり、口も開けっぱなしの、既に死んでいる!?状態だったスコリミアが復活してきた。
Dsc09132_2
やっぱ、丈夫だね・・・
ミドリナンテ無くなって、口も開いた状態だったから、金魚鉢の方へ2週間入れてたら、アレ!?少し張りが出たかな?って感じに・・・
今は餌も食べるようになりほぼ完全復活!?
Dsc09130
サイズ的にもナントカ持直して欲しかったデカイレッド×グリーンの個体も色抜け、口あけっぱな状態だったので、餌覚悟でサザナミヤッコ君がいるバブルディスクの水槽へ1週間移動で・・・
持直してきた(*^-^)
色は完全に戻ったような・・・
Dsc08199_2
餌撒きのツボとして・・・
安もんピペットをヒートガンで炙り先端を曲げる・・・・だけ(*^-^)
馴れると魚も水面に来てピペットごと口に入れ中の粒餌を吸い出す・・・
スコリミア、カクにも横から出て来る触手に対して餌を吐き出せるから、確実にキャチさせれる・・・
無駄がなく、撒き散らないから水を汚さない・・・
安もんサイコーな餌ツール。

« ウッターチャオス | トップページ | 変化3 »

60cmエアリフト水作スキマー」カテゴリの記事

コメント

カーリーさん:

こんちわー

>明治時代は水族館を「うをのぞき」と呼ばれたらしい

うおのぞきていうのは優雅な表現でもありますが
ちょっと 考えようによってはストカー的でもありますなあ。あはは。

うすぐらい部屋でカーリーさんが いひひひひ なんて言いながら
青いLEDのもとスコミリアをながめて もしかすると試験管に
NO3PO4をそそいでいるなんていう光景があるとしたら。

あるとしたらですよ。

それは東宝の ガス人間 の世界じゃないですか。いひひひい。

あやしいぃ。

冗談はさておき ブルー球の水槽はたしかに怪しげな雰囲気がありますね。

ソフトコーラルの種類魅力はカーリーさんの写真を拝見すると
まだまだ知られていないような気がします。

ガス人間2号・・・・
う〜ん、ザ・フライの頃、リメイクすれば世界を「アッ」と云わせれる日本映画が出来るのになぁ〜・・・ナンテ、シナリオ考えた事ありました(o^-^o)

今ならヒップホップダンサーと絡ませて映画化も出来そうで・・・
よいコンテンツを活かせない日本映画界ですね・・・

っと、「ガス人間」ナンテ書かれると嬉し過ぎて思いっきり脱線デス。

ン、、、時代的には原発とアクアリウムをテーマに「美女と液体人間」もエエですね。
(通称:美女液・・・エロ!!)
「家政婦のミタ」で当時のヒロインだった白川さんも元気な事もわかったし・・・

結構ー趣味で、勝手にシナリオ/コンテ描き溜めていマス・・・

そうです。
ソフトとSPSの魅力を余りというかほとんど知りません(゚ー゚;

過去に2年程、セットしていた時期もありますが、
また、教えたってください(*゚ー゚*)

個人的にはアメリカで見るアクアリウムはソフトとSPSが多い気もするのですが、ソフトの爆殖系とSPSのノビノビ系は200L以上が要るかな?っと・・・固定観念が強過ぎるのでしょうか?


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウッターチャオス | トップページ | 変化3 »