5Lオーバーフロー水槽

2013年2月18日 (月)

サンゴを造型する・・・Micro Rock

少し落ち着いたと思えるのでそろそろ生体入れて何かを造ろうと思い、ネット見てたらマイクロロックって人工石見つけた。

Dsc08920_2 Dsc08926_2








オフィスデポの小箱に入れられたその商品形態はガレージキットみたいで大好きだ(*^-^)

たぶん、プラグを先にキャスティング複製し、ソコにワセリンを塗って生乾きの塊に差し込んで造られたと思う・・・・この着装プラグの脱着がウリだと思う。

Dsc08939_2








しかし、思った以上にシンプルな塊だ

Dsc08931








少し底面がベタすぎるので融着ダイヤカッターで削って水の流れをよくするような形状にしてみた(気分の問題!?)
Dsc08933 Dsc08934








コレ、フツーにLRならスパスパ切れる。
極薄刃の大径サークルにメッキではなくロウ付けされたダイヤは発熱もなく、サンゴにもやさしく、レイアウト上のライブロック切断に威力を発揮。
リュータービッドとアクリル棒で差し込み穴などを開けてレゴのように組む事もできる・・・
コレ、個人的なオーダー品だけど何処かで扱ってくれたら助かる・・・ 

今回は穴を開けて「足」をつけ水通りをよくしたつもり・・・

Dsc08938 Dsc08940








・・・それでもナンカ・・・
間延びシテル・・・

キノコ型のセラミックプラグを取り付けようか・・・

Dsc08945_2








違和感あるけど増殖までのガマン・・・(何の生体!?)

できるだけ取って付けた感がないようにロックのディテールを入れる・・・

よくアクアボンド練ったまんまの状態を目にするけど、出来るだけ違和感を無くしたい。
エポキシ粘土系のアクアボンドのディテールの入れ方のひとつとして・・・

Dsc08944








割り箸を折る。バキッ!!!!!

Dsc08946








アクアボンドに押しアテたり、こねたりすると・・・・

Dsc08949








アッという間に自然な岩肌になります・・・・

ボクはコレで先月怪獣造ってました・・・

Dsc08792

Dsc08799







この要領で怪獣ライブロックも出来ます(*^-^)

そういえば人工ライブロックの素材は何なんでしょう?
こんな記事書いてたらマジで怪獣ロック造りたくなってきました(^-^;

造ってみたものの、何の生体もない・・・(汗

2013年2月14日 (木)

気になる気になる・・・

お店から少し気になる画像が添付されてきた・・・

59 844












キクメイシ・・・!?

このような色のキクメを見た事がなかった。
完全レインボーグラデーション。
レインボーとかよくオオバナ(随分色を飛ばしたな・・)とかにあるけど、
無理矢理の7色が入っていたりだけど(その色の飛び方がエエんだけどネ)
自然な7色グラデーションになるというのはあまり見た事ない。

よーく見ればプクプク膨れるほど美しいグラデになるのではないか・・・
しかも、締まってる時はRBGの3原色カラー(真夜中のテストパターンがマルマル)
コノ手のサンゴって海ではメーター級のドデカイ塊(持って帰れん程デカイ)・・・
順調に飼育して水槽一杯一杯レインボーの塊にしたい(妄想モード突入)・・・

う〜ム、飽きそうもない・・・
新しい3L水槽にはコレだけでいいかも・・・

とにかく買うから入れてくれっと返事を返したケド、コレって最近はあるのかな?
また、蛍光蛋白云々の何か食べさせるとこうなるのかな?

いよいよマッドサイエンスな世界に突入!?

2012年12月28日 (金)

マリンアクアピコリウム

久しぶりに創ったオーバーフロー水槽は3.5L(笑。

最後に創ったOFは阪神大震災前だから17、8年ぶりのOF・・・
水量で優位なOFだから小型でOF創っても意味がない(笑。
震災時の漏電と揺れ揺れを経験しサンプを含めOFは敬遠するようになっていた。
シンプルに箱だけで済まさないと何らかの事故が起きるモノ・・・
しかし、、、
側面、底面が45°に削られ小さいのに分厚いアクリルの質感を見た時に衝撃が走った。。。コレで海水したい・・・っと何もせず置いていたのであるが、ホールソーと共にベルルンエアリフトのパーツが出て来て気がつくと穴を開けでいた・・・(汗!!!
特徴は水換え時に上下バラバラでメンテ出来るよう、すべてのパーツは未接着でスグにバラバラに出来るようにした。
Dsc08312_2
Dsc08314_2
水道水入れて1日廻す。とりあえず水漏れもないみたいでホッとした。
Dsc08339_2
泥入れて海水入れて1日廻す。カンタンなドーム型の潮ダレカバーを巻いたのと、フローパイプを密閉したので小さいながら恐ろしく静に仕上がった。
Dsc08340_2
Dsc08341
泥の為にエエ感じで濁り、遊びでつけた遊郭のライトに照らされて恐ろしくマッドサイエンス的な水槽になった(笑!!!
Dsc08342_2
取り敢えず放置。
20cmの水作スキマーは酸欠が心配なので大型のロカボーイ×ベルリンエアリフトのタイプに交換した。
バブルディスクは色変わりしてきている・・・
昼間のシアンの天然光の時には気付かないが夜になると・・・
Dsc07845_2
Dsc08241
Dsc08242
パープルグレイだった個体が夜のライトではブルーに変わるが、所々にオレンジの粒が出て来た。
導入時はなかったっと思うので最近出て来たものと思われる。オモシロイ・・・
再びバブルディスク興味湧いて来た。
小さな水槽向けの生体だと思うし、3.5Lオーバーフローはやっぱこのあたりのソフト中心かな?